So-net無料ブログ作成

中華そば さぶろう [ラーメン]

新潟市江南区
ラーメン膳跡地にオープンしたお店です。

こちらはだるまやで人気メニューを作り上げてきた
斎藤三郎さんのお店です。

だるまやの味を作った方…オープン当初から気になっておりました。

sab2.JPG

ラーメンは科学調味料を使わないのがこだわりのようです。
メニューは現在あっさりか濃厚煮干しの二種。

sab3.JPG



こちらは食券制になっています。
おしぼりはセルフでした。
店内のつくりはラーメン膳のまま?のようです。

sab5.JPG

平日お昼時にお邪魔しましたが、
待ちが絶えずありました。



ラーメンについては注意書きがあり、
濃厚煮干しは高い濃度の豚骨に煮干し粉末を合わせており、
旨味は強烈ですが魚粉が苦手な方はどんぶりの底を混ぜないように
お召し上がりくださいとのこと。。

中華そばの方は、煮干しダシが苦手な方にも抵抗なく食べれるように
動物系イノシン酸と昆布のグルタミン酸の旨味を出したそうです。
香味油を使っていないので、ヘルシーな一杯のようです。



優柔不断な私はいつも何にするか悩みますが…
そんな注意書きを見てしまうと、チャレンジしたくなるもんです。

というわけで、濃厚煮干しそばの並を注文。

sab.JPG

ドキドキしながら着丼を待ちます。



きましたー!!
これが「濃厚煮干しそば」。

sab4.JPG

スープはとろみがあり、
名前にもある通りの濃厚な煮干しです。

注意書きの通り、どんぶりの底を混ぜなければ、
魚粉嫌いじゃなければさほど気にならないでしょう。

私は気になるので早速かき混ぜてみると…
どんぶりの底からあらわれたのは、
魚粉というより砕かれた煮干し。

なるほど。噂に聞いたエグミ…煮干の頭や内蔵部分の苦み的な味を感じます。
ですが、子どもの頃に煮干を丸かじりしていた私には抵抗もそうなく。

麺は若干の縮れがあるようですが、硬めの茹ででした。
最近増えてきたように思う、歯切れのいい角のたつ中細麺。

トッピングはチャーシューと水菜、ネギ、メンマ。



個人的には、有りですが。
煮干のエグミが苦手な方にはオススメできないかもしれません。

ド煮干系が増えてきていますが、その中でもかなり強烈な一杯と言えると思います。
荒く粉砕された煮干魚粉なので、
最後の最後までスープを飲む。というより食べる感覚でした。



このインパクト。
是非チャレンジしてみてください。



スポンサーリンク





---------------


中華そば さぶろう
住所/新潟県新潟市江南区丸山ノ内善之丞組727-1
TEL/025-383-6069
営業時間/1:00~20:00
定休日/無休


スポンサーリンク


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。